FIT2019にて代表の日向がHSMの活用事例について講演を行いました

2019.10.29
  • facebookで共有
  • twitterで共有
  • はてなブックマークで共有
  • Pocketで共有

2019年10月25日(金)に東京国際フォーラムで行われました国内最大級の金融機関向けITフェアであるFIT(国際金融情報技術展)2019において弊社代表取締役の日向がHSM(Hardware Security Module; 暗号鍵を強固に保護する専用設計モジュール)の活用について登壇致しました。

当日はあいにくの雨でしたが、金融×ITによる様々な出展や発表に多くの方々が参加されていました。

12時からのタレスジャパン株式会社 畑瀬様による「グローバル決済市場における最新動向」のご登壇の後、「事業者向けコールドウォレットにおけるHSMの活用例」と題して、秘密鍵管理の重要性、弊社の事業者向けウォレット管理システムにおけるHSMの活用について発表いたしました。

当日はたくさんの方に来て頂きました。

弊社のウォレット管理システムの仕組み、秘密鍵を管理するためにHSMを使用する利点などを発表いたしました。

秘密鍵管理の重要性について説明する日向

最後の質疑応答では弊社のウォレット管理システムの新規性、安全性について熱心なご質問を頂きました。

質問に答える日向

TOP